東京の霊園を利用するまでの手順

霊園と墓地の違いは寺院の境内にあるものは墓地で、それ以外を霊園といいます。墓地を利用する場合の特徴は檀家制度であり、墓地を購入する場合はその墓地を管理する寺院の檀家になる必要があります。檀家になるということは寺院の運営を支える支援者になるということなので、寺院の運営にかかる費用などを負担する必要が出てきます。霊園は檀家制度がなく宗教への制限がないので、お墓よりは手軽に利用できるといったメリットがあります。また永代供養を行ってくれるところも多く、墓地のような管理への負担が少なくなります。地方で墓地を利用している人でも東京で生活している人などは墓じまいを行い、霊園に改葬を行う人もいます。そのため東京内でも霊園などの施設が増えてきています。

東京の霊園を利用する具体的な方法

まず霊園は見学などをさせてくれるところもあるので、希望の場所を決めたら申し込みを行います。公営の場合は条件などが厳しい場合などがあり、東京に住んで一定の年数が経ってないと利用できない場合などもあります。その後申し込みが受諾されたら場所やお墓のデザインや大きさなどを選んで、その後遺骨を納めることになります。他の場所から遺骨を移す場合は墓じまいを行ってから、遺骨を納めることになります。墓じまいは親族や檀家になっている寺院との兼ね合いもあるので、早めに準備しておく方が安心です。その際に「受入証明書」を新たに移転する霊園からもらって、現在埋葬されている墓地から「埋葬証明書」をもらっておく必要があります。さらに埋葬されている墓地がある市町村役場に「改葬届」を提出し、「改葬許可証」を発行してもらう必要があります。

東京で利用をおすすめする霊園情報

東京では緑豊かな場所や住宅街・交通の便の良い駅から近い場所・室内など様々な場所から選ぶことが出来ます。緑豊かな場所では、緑や花に囲まれたカーデニング欧風霊園のメモリアルクラウ御殿山がおすすめです。隣のお墓との距離を空けたゆとりあるタイプで、宗派も不問で誰でも利用することが出来ます。法要施設や会食室などもあるので、法事を行う際に園内だけで済ませることが出来ます。樹の下に埋葬する樹木葬にも対応しているなど、自然あふれる場所が好きな人におすすめです。交通の便が良い場所では、駅より徒歩0分の好立地にある恵光メモリアル新宿浄苑がおすすめです。都心にあり交通の便のよさの他にも、広い参道やスロープがあり安心してお参りできる施設になっています。室内では、2016年にオープンしたばかりの正善寺調布霊廟がおすすめです。管理費を前納すること出来、無縁仏になる心配がありません。